法律知識がないと不利

保険会社の担当者との示談交渉は、被害者である自分一人でも可能だという人もいるでしょう。しかし代理人は交通事故に関する法律、あるいは事例に基づいて交渉を優位に運んで来ます。交通事故に関する法律的な知識や経験もないとなれば、やはり不安になるものでしょう。どんなに怒っても代理人は慣れているのでストレスが溜まるばかりです。

示談交渉交通事故の示談交渉は大きな金銭が発生するため、保険会社も利益を考えて自社に有利な交渉を行います。法律的知識はもちろん冷静な判断も必要になるでしょう。しかし弁護士も交渉のプロです。さらに保険会社が言う法律的な知識についても理解しています。そのため極端に納得できない結果を回避できる可能性が高くなるのです。

交通事故の賠償金では、実際の所、保険会社が提示する金額が適切かどうか分からない場合も多いです。例え任意保険基準での相場を理解していても、代理人は弁護士など、専門家が相手でなければまともに取り合ってくれない場合もあります。相場が分かっても専門用語を連発されるのだとしたら、示談交渉を自分で行うのは不利になるだけでしょう。交通事故に会った場合、素人が自分一人で保険会社の代理人と示談交渉を行って、自分が求める賠償金の言い分を認めてもらうのは苦労します。

そのような状態で代理人の法律知識や専門用語に対応するのは至難の業と言えるでしょう。このような理由から交通事故の示談交渉は弁護士に相談する方が良いと言えるのです。